新着情報

2020.06.24

【ヘルニア】腰を大事に【ぎっくり】

岩手県滝沢市どころか、

日本で唯一のロングデイサービスの

通所介護 楽です!

朝は7:00から夕は18:00から送迎をしています。

もちろん朝昼晩の3食提供可能

緊急時の病院対応も行っています。

本日は、介護職員以外でも悩みの多い

腰痛です!

私自身もヘルニア持ちですし、

ぎっくりもしょっちゅうやってます。

気をつけましょうっていっても、

よくわかりませんよね。

とりあえず、私なりの

予防というかなんというか、

腰痛との付き合い方を

お知らせします!

介助方法に関しては、

これはもう、自分なりをみつけようです。

教科書どおりとか、教えてもらった通りとかを、

鵜呑みにしていきなり実践はまじでやめましょう。

少し自分でエア動作をするとか、

ゆっくりとか

お試しを何回かはさみましょう。

それはなぜか。

人間、体格差、筋力差があります。

参考にはなりますが、100%トレースするのは

やめましょう。

自分に合わないものだと、

腰に負担がかかります。

腰以外にも負担がかかります。

だめ、絶対。

私は、もろにこれでしたね。

教科書や教えてくれる人を鵜呑みにしてました。

今では、自分なりのやり方をみにつけています。

試行錯誤の連続でした。

介護をやりたてのころ、

すごく小柄な方が、私より大きな方を

ひょいひょいと介助をしていて

びっくりしました。

腰は悪くしていたけれど、

自分なりのやり方を身に着けてから、

痛めたことはない。

もっと早く意識すればよかったと

言っていました。

私も見習って、

試行錯誤をしたわけです。

はい。

で、介護でも、

日常生活でも私が気をつけていることがあります。

イメージとして、

体中の関節を使うイメージを持つです。

たくさんの関節というギアがかみあって、

ギリギリと引き上げるイメージを常にもっています。

これを意識すると、自然と膝が曲がり、

お尻や太もも裏の筋肉をフル活動できます。

・・・気がします。

少し曖昧な話ですし、マイルールなもんで、

すいません。

しかし、腰の動きだけでやろうとするのは

どんな方でもだめです。

腰だけに負担がかかるのは、よんでいてわかりますよね。

負担がかかるともちろん壊れるので、

気をつけましょう。

他にもいろいろ、

マイルールはあるのですが、数え切れません。

みなさんも日常生活の動作、気をつけてくださいね。

重いものを持ち上げる

立ち上がる

後ろを振り向く

ほんの些細なことで腰は爆発します。

私は

たくさんの関節を動かす

でした!

TEL.019-681-7590 パンフレット請求
一番上に戻る
一番上に戻る
無料パンフレット請求へ

見学を希望される方へ

TEL.0196817590
お問い合わせはこちら